医療職「歯科助手」が歯科医の仕事効率を上げる

医療系求人をチェック

歯科医の仕事効率を上げる「歯科助手」

歯科医の仕事効率を上げる「歯科助手」

良い歯科医院には良い歯科助手

評判の良い歯科医院には、良い歯科助手がいると言われることがあります。無資格でなれる歯科助手ですが、いろいろな仕事をするので、結果として歯科助手が上手く機能すると、スムーズに仕事が流れて患者からの評判も良くなります。そんな歯科助手は、まさに歯科医院の縁の下の力持ちと言えます。ただ、一般的なイメージとして、治療時に横に立っているだけの人と思われがちです。実際は、立ち仕事で体力も必要な上、まわりに気を配らないといけません。また、歯科に関する基本的な専門用語も覚えます。そのぶん、やりがいがあって、自然と専門知識も増え、キャリアアップにもつながりやすいです。

歯科助手の仕事内容

歯科助手の実際の仕事内容はどういったものでしょうか。ここでは、具体的な仕事内容をお伝えします。患者の視点から見た時に一番わかりやすいのが、歯科医のアシスタントになります。患者の口腔内の水や唾液の吸引をします。また、歯科医の指示に従って、適切な器具を渡します。直接患者の反応が見れ、やりがいが感じられます。次は、使用した器具の洗浄と滅菌になります。使用済の器具は、適切な洗浄と滅菌が重要です。洗浄や滅菌する方法も器具によって変わるので手順を覚えます。また、よく使う器具は5つ程度ひとまとめにする歯科医院も多いので覚える必要があります。続いて、治療の準備があります。ほとんどの歯科医院が予約制をとっているので、事前に治療内容はわかります。その情報を元に必要な器具を準備します。
この他にも、患者の誘導や受付、電話応対などもあります。立ち仕事というだけでなく、覚えることも多く大変ですが、そのぶん上手くできたときの達成感は大きく、やりがいがある仕事です。

歯科助手に求められること

歯科助手の仕事は多岐にわたるので、求められるものも多いです。主なものを3つ紹介します。1つめは、常に学ぶ姿勢をもっていることです。医療の世界は日々進化しているので、新しい専門用語は都度覚えて理解する必要があります。2つめは、歯科医や歯科衛生士とのコミュニケーションを円滑に行なうことです。患者の方が気持ちよく治療を受けるには、治療にかかわる全ての人が意思疎通できていないといけません。3つめは、患者のために自分になにができるかを常に考え続けられるかということです。治療にかかわる人全てが同じ気持ちで考えれば、それぞれの視点でより良い改善ができます。

まとめ

歯科助手の歯科医院における重要性や、仕事内容、求められることなどをお伝えしました。無資格でチャレンジでき、やりがいのある仕事ということがわかっていただけたかと思います。求人情報だけでは不安になる方もいるかと思いますが、前向きな方であれば経験があってもなくてもチャレンジできるおすすめな職種です。

Date:

資格を持ってない人は必見の記事!

無資格で働ける医療職は意外と多い!

実は、医療職には資格がなくても働ける仕事が意外とあります。それは、介護職員、看護助手や歯科助手など、身近な病院や施設で働ける仕事です。どの仕事も、まずは求人をチェックすることからスタートしてみましょう。

医療業界で働きたい方へ

医療職のなかで資格がなくても働ける仕事の情報を掲載しています。今回は、介護職員、看護助手、歯科助手にポイントを絞って紹介しています。おすすめ医療系転職サイト情報も。医療業界で働いてみたいと思っておられる方々の参考になればと思います。【お問い合わせ先】