求職者にとっては売り手市場の医療業界

医療系求人をチェック

おすすめ記事はこちら

歯科助手なら「Denty」

人材不足で売り手市場の医療業界

人材不足で売り手市場の医療業界

医療業界の今と未来

医療業界は、医療、福祉、介護など幅広い業界です。経済の動向に影響を受けにくい業界でありながら、慢性的な人材不足になっているのが現状です。事業所側からの求人は絶えることがなく、職を求める側としては売り手市場の状態です。特に、介護福祉士やヘルパー、ケアマネージャー、看護師などはたいへん必要とされる職種です。2025年には、800万人もの団塊世代が後期高齢者(75歳以上)となり、超高齢化社会が到来します。現在よりも、介護施設や高齢者施設が増えていくでしょう。そして、医療の現場は、診療報酬の改定などで変化をしていきます。そのなかでも、介護ロボットの存在も現実味をおびてきました。医療業界、医療の現場も刻々と変化をしていくでしょう。
参考までに、変化していく医療業界の最新情報やこれからの行方などが詳しく書かれている書籍を以下に紹介します。

よくわかる医療業界最新3版 (最新〈業界の常識〉)

医療業界へ就職・転職を目指す方々におすすめの、医療業界の実情がよくわかる一冊です。

よくわかる医療業界最新3版 (最新〈業界の常識〉)

医療業界で活かせる経験とは

医療業界では、やはり資格を持っていることはとても有利になります。看護師、保健師、ケアマネージャー、介護福祉士などは、病院や施設にとって必要とされる職種なので、実務経験と合わせて活かしていけます。医療職には、資格がない方や医療関係の仕事が未経験の方にも求人があります。これは珍しいことではありません。他業種の経験も活かしていける職種なのです。医療、介護、福祉の現場では、コミュニケーション能力や忍耐力などを求められることが多くなります。営業や接客業など、人と接することの多い仕事に従事されていた方は、その経験を活かしていけるでしょう。そして、医療事務など事務系の仕事もあるので、さまざまな場で活躍することができます。

医療業界で求められる人とは

医療はサービス業とも言えます。人と人のつながりを大切にする業種と言っても過言ではありません。そこで、もっとも重要なことは、コミュニケーション能力です。例えば、介護関係の施設を利用される方々は、高齢者になります。そして、ご家族との交流も必要です。人当たりの良さや人柄などを求められるでしょう。合わせて、礼儀正しさやマナーなどを理解しているとより良いでしょう。そして、医療業界はさまざまな事業所や施設などと連携して仕事を進めていくようになります。それぞれの関係性を良好にして、よりスムーズな仕事の流れをつくっていく必要があります。あとは、仕事に前向きで、スキルを上げるための勉強や研修などに積極的に参加するような行動力や向上心も持ち合わせていると良いでしょう。

Date:

資格を持ってない人は必見の記事!

無資格で働ける医療職は意外と多い!

実は、医療職には資格がなくても働ける仕事が意外とあります。それは、介護職員、看護助手や歯科助手など、身近な病院や施設で働ける仕事です。どの仕事も、まずは求人をチェックすることからスタートしてみましょう。

医療業界で働きたい方へ

医療職のなかで資格がなくても働ける仕事の情報を掲載しています。今回は、介護職員、看護助手、歯科助手にポイントを絞って紹介しています。おすすめ医療系転職サイト情報も。医療業界で働いてみたいと思っておられる方々の参考になればと思います。【お問い合わせ先】